Loading...

【初心者バレなし!ヨガウェア選びのコツ】

【初心者バレなし!ヨガウェア選びのコツ】

 

近年よく耳にする全国各地の名所や大型イベントでのヨガクラス。

夏から秋にかけて多数開催されるヨガイベントは、初心者から気軽に参加できるものがほとんどです。
今年は流行のヨガファッションに身を包んで出掛けてみてはいかがでしょうか。

■イベント情報が知りたい!

ヨガイベントは参加費無料・予約不要のものから寄付制(ドネーション制)や当日申込不可のものまで様々あります。

近隣でのイベントを探すには街中のチラシやインターネット検索が主ですが、SNSで企業やヨガスタジオ・ヨガインストラクターから情報を得るという方法もあります。

park-yoga1

イベント当日の流れ(一例)としては

①荷物を持って会場へ
②受付を済ませ、好きな場所にマットをひく
(マットが準備され引かれている場合は、空いているところへ)
③開始前、ストレッチをしたり横になっていたり各々過ごす
④クラス
⑤終了後、貸しマットの場合は指示に従いマットを拭き定位置へ
⑥解散

荷物を手元に置いて受講する場合も多いので、手荷物は少なめがオススメです!

■イベントを楽しむポイント

park-yoga2
ヨガイベントを存分に楽しむには、いつもより意識的に「マイペース」を。
自分のできる範囲で気持ちよく体を動かす、他人のポーズと比べない、屋外イベントであれば気候や自然の音も感じると、より一層豊かな時間を過ごせます。

イベントの当日は前後に余白(予定を入れない時間)をつくることもお勧めです。

早めに出掛けて会場までの道のりをゆっくり眺めて楽しんだり、終了後は街中を探索してカフェでリラックスしたりするなど、のんびりとした時間はヨガの効果も高める期待ができます。

■初心者バレなし!ヨガファッションとは

身にまとうヨガファッションにも流行があります。
ここ数年はぴたっとしたレギンスに、カップ付きインナーやキャミソールスタイルが定番。

羽織り物をする着る場合は、クラス中は脱ぐ前提でのカーディガンやボレロ、Tシャツ類は動くときにもたつかず脱ぎ着しやすいものを。
また、腰回りが気になる場合は、重ね履きもできますが、長めの丈のTシャツでカバーをするのがオススメです。

服装としてはシンプルですが、無地やプリントなど色や柄も様々。機能的でデザイン性の高いものも多くあり、それぞれのヨガファッションを楽しむことができます。

また、これらのウェアは体を様々な方向に動かすヨガの動きを妨げず、より安全に効果的に楽しめるという利点もあります。

今年はお気に入りの一着を見つけて気になるヨガイベントへ!

■ヨガクラスにおすすめのアイテム

ヨガをサポート ブラ Yバック 97798AS

ヨガをサポート ブラ Yバック

1 ヨガをサポート ブラ Yバック
URL:https://cb-active.com/item/367/

パワーネットの裏打ちで激しい動きにもぴったりフィットし、気持ちよくポージングに集中できます。
バックスタイルを美しく見せるクロスデザインは肩周りの動かしやすさも抜群です。

ヨガ プリント柄 カップ付 背中クロス 47018RS

ヨガ プリント柄 カップ付 背中クロス

2 ヨガ プリント柄 カップ付 背中クロス
URL :https://cb-active.com/item/328/

三色から選べるタペストリー柄プリントトップスは、胸元の開きが浅く下向きのポージングも安心してとれます。
吸汗速乾加工素材で汗ばむ季節も、快適に過ごすことができます。

ヨガ プリント柄レギンス 10分丈 49034PS

ヨガ プリント柄レギンス 10分丈

3 ヨガ プリント柄レギンス 10分丈
URL :https://cb-active.com/item/351/

幅広ウエストは食い込みにくく、ラクなのにお腹周りもしっかりカバー。
動きやすく、ズレやよれの心配がないストレッチレギンス。
ズレを気にせずヨガを楽しみたい方にはマストアイテムです。

記:
【ライター】小野田貴代 (Takayo Onoda)
ヨガインストラクター・ランニングインストラクター・ラジオパーソナリティ

SNS SHARE

NEW MAGAZINE